<   2012年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

冬のデュエット

d0011713_16565455.jpg

一月ほど前から咲いていたさくらです。
こんなとりあわせはさすがに今だけ。
今日はつめたい雨ですが、これは、イヴの朝撮影したもの。
[PR]
by clarte9 | 2012-12-30 17:01 | near by Ⅳ | Trackback | Comments(0)

箱根だけでは・・・・なかった!

d0011713_2343858.jpg


d0011713_23434539.jpg


d0011713_23435233.jpg

羽田にて遭遇。




エヴァ初号機。 またもやエンスト。。。
[PR]
by clarte9 | 2012-12-26 23:45 | 東京 | Trackback | Comments(0)

イヴの朝

d0011713_10761.jpg

いつもの途を、いつもより早く通りました。
鳥たちのうごきが、いつもと違う!
ちいさな発見でした。

ふっくらすずめと、ハトさんも。
[PR]
by clarte9 | 2012-12-25 10:10 | near by Ⅳ | Trackback | Comments(0)

あかいキャンドル sanpo

d0011713_12145293.jpg

ことしは ツリーを飾りませんでした。
けれど 
外にはまっかなキャンドルが たくさんともっていました。
d0011713_1220043.jpg

来年は にぎやかにすごせるといいなぁ。
[PR]
by clarte9 | 2012-12-24 12:22 | near by Ⅳ | Trackback | Comments(0)

せがれかの?

d0011713_073828.jpg

はろ、はろとなくカラスを よくみかけました。
二俣川、希望ヶ丘、阿久和のあたりを周回していたようです。
もちろん、もっとずっと遠くにも行っていたでしょうが
こちらの行動半径からはみ出してしまうので。

最近、めっきりあわないなぁと思っていました。
そしたら。
d0011713_075255.jpg

あ。
いたいた。

・・・・・が、以前とちょっと。

嗚呼 はろはろ
嗚呼 はろはろ

なんか、間投詞がついてるよ?

個体を確認したところ、声は大きいのですが、やや身体が小さめです。
子どもなのかもしれません。


伝統は、受け継がれたのね。
[PR]
by clarte9 | 2012-12-24 00:38 | near by Ⅳ | Trackback | Comments(0)

びーだま&びーだま

d0011713_22254298.jpg


d0011713_22384780.jpg

わぁぁい♪
d0011713_22283299.jpg


d0011713_223061.jpg

[PR]
by clarte9 | 2012-12-22 22:42 | near by Ⅳ | Trackback | Comments(2)

冬至の ちいさな赤

d0011713_125992.jpg

咲き残りのチェリーセージ。
みじかい日を
クルマも人も 走りぬけます。


web拍手 by FC2
[PR]
by clarte9 | 2012-12-22 01:35 | near by Ⅳ | Trackback | Comments(0)

ぴっぴっ PIYO-PIYO

d0011713_1851089.jpg

さあ 横断だ。
かげは せいたかのっぽだねーっ。



web拍手 by FC2
[PR]
by clarte9 | 2012-12-11 18:53 | near by Ⅳ | Trackback | Comments(2)

年の瀬

d0011713_23352033.jpg

旧忠実屋の屋上は、二階建てながら
富士と丹沢を一望にできる稀有なスポットでした。

ちょっと油断してる間に、過去形になってしまいました。。。。。



先日お世話になった T病院の洗濯室からも
素晴らしいパノラマが眺められましたが
泊まりがけは もういやだな。



web拍手 by FC2
[PR]
by clarte9 | 2012-12-10 23:50 | near by Ⅳ | Trackback | Comments(0)

クバルスピアンⅠ, Kbal Spean 水中の神々

d0011713_14354376.jpg


d0011713_14383359.jpg


d0011713_14385837.jpg


d0011713_1439143.jpg


駐車場からここにたどり着くまで約40分。
地雷注意の貼紙があちこちにあります。
斜めの山道をゼイゼイいいながら登りますが、
じぶんで来たいといったのだから、誰にも文句は言えません。

現地では、意外とおおらかなように感じましたが
帰国してよくよく思うに
数百年、流れにさらされながらこのすがたをとどめているのですね。

自然の力には拮抗しえた美が
盗掘という人間の業で
傷つけられ喪われてしまったことが暗示的です。


web拍手 by FC2
[PR]
by clarte9 | 2012-12-09 15:14 | アンコール遺跡 | Trackback | Comments(0)


ふと気がついたら、あとがない! お気楽キリギリス夫婦の 『傍の細道』 散策フォト。 (C)2005-17 SUZUKA  All rights Reserved.


by Suzuka

プロフィールを見る